【忘却曲線】公務員試験の勉強スケジュール完全版!最高な復習のタイミング

本記事にはプロモーションが含まれています
本記事にはプロモーションが含まれています
公務員

公務員試験は非常に多くの科目対策を行わなければなりません。勉強期間も長くなるため、スケジュール管理・復習のタイミングはとても大事になります。

学習計画はいわば地図のようなもの。公務員試験合格という「目的地」がわかっていても、いまどの地点にいるのか、次にどの方向へ進めばよいのかを把握していなければ、効率的な学習が出来ません。

そこで今回は「エビングハウスの忘却曲線」を活用し、エビデンスを持った学習スケジュールを解説していきます。

忘却曲線とは

人間の誰にも平等に与えられているもの……
それは「時間」です。


先にも伝えたように、公務員試験の勉強範囲は広いため効率よく学習を進める必要があります。
ただやみくもに学習をするのは、時間がいくらあっても足りません。

そこで学習を始める前に、まずは忘却曲線について解説していきます。

記憶はどれくらいの期間で忘れる?

エビングハウスの忘却曲線をご存じでしょうか?

これはドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが発表した「エビングハウスの忘却曲線」です。時間の経過とともに人の記憶がどのように変化していくのを示したものです。

具体的な研究内容としては、意味を持たない3つのアルファベットの羅列を大量に被験者に覚えさせて、その記憶がどれくらいのスピードで忘れられていくかというものです。

上記の表からみて分かる通り、人は以下のスピードで記憶を忘却していくことが読み取れます。

20分後 :内容の42%を忘れる
1時間後:内容の56%を忘れる
1日後 :内容の74%を忘れる
1週間後:内容の77%を忘れる
1か月後:内容の79%を忘れる
この結果から人は1日経過しただけで半分以上忘れてしまうことが分かります。
 

そこで次は「エビングハウスの忘却曲線」に基づいた最適な学習法を解説していきます。

記憶が定着する復習のタイミング

最適な学習法は復習のタイミングが重要です。

これは忘却曲線に合わせて、仮に定期的に復習した場合、記憶がどのようになるのかを表しています。ここから分かることは

適切なタイミングで復習をすると記憶の忘却は緩やかになり、結果としてすぐに忘れてしまう短期記憶から時間が経っても忘れない長期記憶に移行することが分かります。
 

具体的には
1.覚えた直後に復習
2.1日後に復習
3.7日後に復習
4.14日後に復習
5.1か月後に復習

復習を繰り返して理解力が増すほど、復習にかける時間は短くなるので忘却曲線に基づいて復習を進めることが重要になってきます。

とめ

エビングハウスの忘却曲線は学んでから時間が経つごとに忘れていくことをグラフで表した理論です。この理論を逆手に取り、適切なタイミングで復習することによって忘れにくい学習スケジュールを取り入れ、効率的な試験対策をしていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「独学は費用がかからない!」という大きなメリットがありますが、スケジュール管理や試験対策などもすべて自己管理しなければならず、思ったより大変です。その点、公務員予備校は学習のみに力を注げばいいので、他の重みなく勉強に集中できるのが特徴です。最近ではネット環境の普及によりオンライン講座も多数あり、校舎を持たない点などから費用も大分抑えられております。また、公務員試験の通信講座【STUDYing】は、このエビングハウスの忘却曲線をAIに学習させて最適な復習のタイミングを自動で提示してくれるオンライン講座となっております。公務員予備校の利用を検討するのもいいかもしれません。
【社会人必見】公務員講座スタディングを徹底分析!(割引クーポンあり)
『スタディング公務員講座が気になる。』という方に対して料金や特徴、合格率を紹介し、口コミと評判を参考にメリット・デメリット、割引クーポンやキャンペーン情報を解説していきます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タイトルとURLをコピーしました